ロードス島戦記30周年

メニューを開く メニューを閉じる

ロードス島戦記 誓約の宝冠

もう一度、ロードス島へ そして少年は”永遠の乙女”と旅に出る――。

水野良 Illustration:左

新刊情報

story

”呪われた島”ロードス。戦乱に包まれたこの地も英雄達の活躍でようやく平和が訪れようとしていた。不戦を誓い合う王達であったが、時の大賢者より”誓約の宝冠”が差し出される。「この王冠を戴いた物は他国を侵略出来なくなるであろう……」――かくして、真の平和へと至ったロードスであったがその100年後、フレイムの王位継承者にこの禁を犯すものが現れる!マーモ公王の末裔ライルは、不戦の誓いに仇なす王国に対抗すべく、”永遠の乙女”の力を借りようとするのだが!?戦乱を駆ける王子と伝説のハイエルフ。時を超えて新たなる「ロードスの騎士」を巡る冒険の旅が今、再びはじまる!

character

  • 「ロードスの騎士」の伝説に憧れるマーモ王国第四王子。密命をおび永遠の乙女を探す旅に出る。

  • ライルを”兄貴”と慕う従者。盗賊ギルドに所属し少年のように振る舞っているが、実は少女。

  • かつて「ロードスの騎士パーン」と共に旅をした伝説のハイエルフ。いつからか人々の前に姿を現さなくなってしまった。

  • 魔獣使いの血を継ぐ少女。ライルとは乳姉弟の関係であり、弟に対して惜しみない親愛の情を注ぐ。

  • 第五代目フレイム王。英雄王カシューの末裔であり、ロードス統一の野心を抱いている。

  • フレイムの王弟にして第三王子。兄とは対照的に、優雅で穏やかな性格。

  • マーモの若き王。六王会議で誓約された平和と法を守る為、フレイムとの対決を決意する。

  • マーモ王国第一王子。父が没後、すぐに皇太子の地位を返上。自由奔放な性格ゆえ暗黒神ファラリスの神官になった。

  • 王家一の切れ者と噂されるマーモ王国第三王子。マーモの自治を守る為、あえてフレイムへと亡命。

  • マーモ王家第二王女。武術に秀で、女性ながら騎士の叙勲を受けた近衛騎士隊長。

  • マーモ王国第一王女。マーモ建国王の王妃、小ニースの生まれ変わりと噂されている。

  • 妖艶な美しさを纏うマーモ王家第三王女。ザイードと共に縁談が持ち上がったフレイムへと渡る。